エストロゲンと抜け毛

エストロゲンと抜け毛

女性の抜け毛の原因は様々ですが、その一つが女性ホルモンであるエストロゲンの減少に伴うものです。エストロゲンとは、女性らしい体を作り、生殖機能に関係する女性ホルモンで、卵巣から分泌されています。

 

エストロゲンの役割は多岐に渡り、肌や頭皮を美しく健康に保つ働きがあり、また髪の毛や爪を美しく成長させる働きがあります。女性が男性よりも髪の寿命が長く美しくなっているのはこのエストロゲンの働きによります。

 

ですから、体内で分泌されるエストロゲンの生成量が減少するならば、それによって髪の毛の成長が妨げられ、ボリュームもダウンし、抜け毛も増えやすくなるということです。また、それだけではなく頭皮にも肌トラブルが生じ、フケやかゆみなどといった症状が現れやすくなります。

 

エストロゲンが減少するのはどうしてかと言うと、その最たる理由は加齢です。
基本的に中高年になるに連れて、女性ホルモンは閉経に向かい急速に減少します。それによって体内のホルモンバランスが崩れるために、抜け毛が起こることがあります。

 

その他にもストレスも大きく影響を与えます。ストレスを溜め込み過ぎると、自律神経のバランスが崩れ、ホルモンの分泌量の低下を起こし、抜け毛の原因となります。
また、食生活の乱れによる栄養不足はエストロゲンや髪の毛を作るための栄養分も不足させてしまうので、抜け毛を起こしてしまうのです。

 

その他、出産後もエストロゲンが減少するために、抜け毛が多くなります。こうした状態を避けるためには、生活習慣を日々整えておくことが肝心です。女性はホルモンバランスが乱れやすいので、特に日々注意しておきましょう。